アクリルガッシュは壁画制作からデザイン作成まで使える!特徴解説!

どうも!岡部です!

僕たちは普段、絵画制作や壁画制作に「アクリル絵の具」という絵の具を使っているのですが、実はこのアクリル絵の具というのは大きく2つの種類があります。

 

いわゆる普通に「アクリル絵の具」と呼んでいるのは普通のタイプのアクリル絵の具です。

そしてもう一つの種類のアクリル絵の具というのは

「アクリルガッシュ」

と呼ばれるものです。
このアクリルガッシュがどういった絵の具か知っていますか?

 

特徴を挙げていくと

・乾燥後に耐水性になる

・つや消しである

・速乾性である

という点が挙げられます。
今回の記事ではこの3つの特徴についてお話していこうかと思います。

 

アクリルガッシュについて興味があるという方は是非読んでみて下さい!

乾燥後に耐水性になる!

この部分は普通のアクリル絵の具の特徴と同じです。
そしてアクリル絵の具のとても便利な特徴の1つでもあります。

では耐水性になることによってどんなメリットがあるのでしょうか?

 

まず一つ目には「アクシデントや環境による劣化を防ぎやすい」という点が挙げられると思います。

これについては結構想像しやすいのではないでしょうか?
水を間違ってかけてしまったり、雨で濡れてしまったり・・・。

そんな状況でも耐水性であれば絵の具が落ちたりしにくいんですね。

 

二つ目は「絵の具の重ね塗りがしやすい」という点です。
重ね塗りしやすいというのは、絵の具を重ねるときに下の層が溶けないので混ざったりしない、ということです。

何回も重ねながら描いていく際には非常に重要な点だと思いますよ。

つや消しの質感になる!

アクリルガッシュの一番の特徴として、つや消しのマットな質感になるという点があります。

これは従来のアクリル絵の具と一番異なる点ですね。
普通のアクリルは乾燥後に少し樹脂によるツヤが出ます。

もちろん油絵の具のような強いツヤではないのですが、完全な艶消しではないんですね。

 

アクリルガッシュならこのようなツヤを抑えることが出来ます。

・デザインを考える上で邪魔なツヤは要らない
・つや消しの質感で絵画、イラストなどを制作したい

という方はこのアクリルガッシュを使う事で問題が解決できるかもしれません。

速乾性なので作業がスピーディー!

アクリル絵の具は非常に乾燥が速いです。
厚塗りなどをせずに普通に絵の具を乗せれば、大体5分以内で乾燥して次の絵の具を重ねることが可能ですね。

 

比較すると分かりやすいので油絵の具を例に出してみましょう。

油絵の具は絵の具を乗せてから乾燥するのに平均2日、3日はかかります。
48時間かかるとしたら2880分です。

 

単純計算で約570倍乾燥が速いということになります。
言い換えれば570倍の作業量の差ができるとも言えますね。

まとめ

今回の記事ではアクリルガッシュという絵の具について、どんな部分が特徴なのか、使う上でどういうメリットがあるのかという事を書いてみました。

もしアクリルガッシュについて知りたいという方は是非この記事を読んで参考にしてみて下さいね。

ではでは今回の記事はここまで!
またお会いしましょう!

TAMAKOBO(多摩工房)は壁画の制作から、額入りの絵画作品の提供まで現役のアーティストが行っています!

TAMAKOBO(多摩工房)はではお客様のご自宅、店舗、医療施設等の壁画や天井画、絵画作品の制作を承っております。

世界に一つしかない肉筆画の求心力でお部屋全体を包み込む魅力溢れた空間を作ってみませんか。

私たちの活動を是非見てみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です